【ローマ共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は14日、国交がない中国とキリスト教カトリックの総本山バチカンが長年対立してきた中国内の司教任命の主導権問題を巡り9月中にも合意する見込みだと報じた。ただ不測の出来事で、合意が遅れたり成立しなかったりする可能性もあるとしている。

 同紙によると合意には、中国政府がローマ法王フランシスコを中国内でもローマ・カトリック教会のトップとして公式に認める代わりに、バチカンの承認がないまま中国政府が任命した司教7人の正統性を法王が認めることが含まれる。