正月三が日に徳島県内の主要10寺社を訪れた初詣客は53万6200人で、前年より3万6300人減ったことが県警のまとめや寺社への取材で分かった。曜日配列の関係で連休が短く、Uターンが早めに始まったことなどが理由。

 10寺社の人出は≪別表≫の通り。最もにぎわったのは鳴門市の大麻比古神社で、前年と同じ26万人。次いで多かった美波町の薬王寺は12万8500人だったが、1日未明の人出が伸びなかったことなどから前年より3万9500人減った。

 前年より増えたのは2寺で、減少したのは2寺社。6寺社は前年並みだった。