プロ野球セ・リーグで広島カープが3年連続で優勝した場合の経済効果が、広島県内で約459億円に上るとの試算を関西大の宮本勝浩名誉教授がまとめ、20日発表した。前年より約59億円多い試算。25年ぶりのリーグ優勝を果たした2016年から年々大きくなっており、宮本氏は「熱心なカープファンが全国に広がったことなどが要因」と分析している。

 効果の内訳では、入場料や応援グッズ代などが優勝しなかった場合と比べて約58億円増えると推計。地元百貨店のセールなどの効果を約120億円。もみじ銀行の「カープV預金」が新たな投資として地元に回る額も約131億円増えると見込んだ。