アニメ『ハッピーシュガーライフ』の名シーンを再現した(左から)花澤香菜と久野美咲(C)鍵空とみやき/SQUARE ENIX・ハッピーシュガーライフ製作委員会

 7月よりMBSやTBSなどで放送中のアニメ『ハッピーシュガーライフ』に出演している声優・花澤香菜と久野美咲から、最終回アフレコ後のコメントと同作を象徴するシーンである“誓いの言葉”を行った写真が到着した。

【画像】花澤香菜と久野美咲が再現した名シーン

 同作は、誰からの愛も感じたことがなかった主人公の女子高生・松坂さとうと神戸しおの純愛ストーリーでありながら、猟奇的な一面も見せる“純愛サイコホラー”。原作漫画は月刊『ガンガン JOKER』で2015年から連載がスタートし、かわいらしいビジュアルとのギャップが大きな反響を呼び、コミックは累計70万部を越えている。

 さとう役の花澤は「最終回、どうなってしまうのか皆さまとっても気になっていると思います。多くは語れませんが、みんなの生きざまが、痛いくらいしっかり描かれています。そしてまた何かが始まるような胸騒ぎがしてきます。さとちゃんはとことん難しい役だと思っていたけれど、今回私はやっとそこから解き放たれたような気がしました。ぜひ最後まで見守っていてください!!!」と呼びかけた。

 しお役の久野も「毎回いろいろ考えながら慎重にしおちゃんを演じていました。すごく難しかったのですが、スタッフさんやキャストの皆さんのおかげで、いつも楽しみながらお芝居させていただきました。最終回のアフレコで、隣のマイクにいる花澤さんのことを思わず抱きしめたくなる瞬間がありました。二人の愛の形を、最後まで見届けていただけたらうれしいです。よろしくお願いいたします」とコメントを寄せた。

 また、10月6日から東京・新宿マルイ アネックスにて、同作のポップアップストアが期間限定でオープンすることが決定し、原画・コンテ・設定などの制作資料展示のほか、グッズ販売を実施する。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。