King & Princeがカバーを飾った『Hanako』1165号

 人気グループ・King & Princeが、27日発売の雑誌『Hanako』1165号(マガジンハウス)の表紙に登場する。同誌の看板企画「銀座特集」にちなみ、銀座の街でロケを敢行した。

【全身ショット】キンプリ、白のタキシード姿で気合のポーズ

 飛ぶ鳥を落とす勢いの6人が、人気雑誌の30周年記念号カバーを飾った。誌面の雰囲気と今季のトレンドに合わせて、落ち着いたカラーのジャケットやチェック柄のパンツなど、少しだけ背伸びをしながらオシャレに着こなし。貴重な銀座でのロケカットはもちろん、等身大のナチュラルな表情も見どころとなっている。

 同誌の田島朗編集長は「今回の特集が“無敵の大銀座!”というコンセプトに決まった時、まさに“無敵”という言葉がいま似合う人たちとして、彼らのことが真っ先に浮かびました」とキンプリに表紙出演をオファー。撮影場所である銀座に現れた6人に「まだあどけなさも残る少年といったイメージ」を覚えながらも「衣装に着替えシューティングが始まると雰囲気は一変。大人の男の魅力を醸し出す堂々とした振る舞いと時折見せる甘い笑顔のギャップに、すっかりやられてしまって」と撮影を振り返った。

 これまで数多くのスターが同誌の表紙を飾ってきたが、キンプリについて「ああ、これからを担っていく人たちなんだなあとしみじみ思った」と同時に、「将来、彼らが懐かしく思い出してくれるような撮影になっていたらうれしいですね」という思いを抱かせるだけの、充実した表紙と誌面が完成した。

 全体の特集は、銀座・日本橋・日比谷・丸の内エリア全体を「大銀座」と称して、各エリアの最新情報や口コミ情報をお届けする同誌のシグネチャー企画。日本を代表する街を独自の視点で切り取り、見逃せない最新スポットを的確に紹介している。

 月2回刊で発行してきた『Hanako』は、来月からは増ページして月刊誌となり、今までの首都圏配本から全国配本の雑誌へと生まれ変わる。大きな節目を旬の人気グループが華麗に盛り上げた。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。