連携協定を結んだLINEの出沢剛社長(左)と防災科学技術研究所の林春男理事長=26日、東京都新宿区

 LINE(ライン)と防災科学技術研究所は26日、インターネットや人工知能(AI)を使って防災・減災を実現するための連携協定を結んだ。同社の無料通信アプリで災害情報を集約し、被災状況の把握や避難誘導に役立てる。自治体などと協力して年内にも防災訓練を実施、その中でアプリを使った情報収集・提供の効果を検証し、技術確立を目指す。

 具体的には、防災科研が開発を進める情報共有システムに、アプリ利用者が撮影した写真や被災状況を知らせる文章を集め、デジタル地図上に表示する。