元国際ボクシング連盟(IBF)スーパーバンタム級王者の小国以載(角海老宝石)が26日、東京都内のジムで記者会見し、12月1日に再起戦を行うと発表した。対戦相手は未定。30歳の小国は昨年9月の初防衛戦で岩佐亮佑(セレス)に6回TKO負けし、試合直後に現役引退の意向を表明していた。

 6年前から痛みを抱えていたという右手首を今年1月に手術。「右をごまかしながら闘うのは限界と思ったが、完治するならもう一度やろうと思った。来年には大きな勝負をしたい」と王座返り咲きを誓った。

 引退撤回で「うそをついたので」との理由で、鼻が伸びたピノキオに扮装し会見場を沸かせた。