『週刊ヤングジャンプ』43号の表紙を飾った斉藤朱夏 (C)藤本和典/集英社

 声優の斉藤朱夏が、27日発売の『週刊ヤングジャンプ』43号(集英社)の表紙に登場。今年2月以来となる2度目の『ヤンジャン』カバーで、とびきりの笑顔と透き通るような美肌を披露した。

【別カット】最高のスマイルを見せる斉藤朱夏

 斉藤はデビュー作『ラブライブ!サンシャイン!!』で渡辺曜を演じ、同作から生まれた声優ユニット「Aqours(アクア)」のメンバーとしても活躍。新世代のニューヒロインとして大きな注目を集め、ツイッターのフォロワーは32万人を超え、8月にはファースト写真集も発売した。

 そんな急上昇中の人気声優の今回の撮影テーマは、“初秋のひとり旅”。海のある街まで旅をする様子が収められ、鮮やかなブルーのワンピースを着たまま海に入り、びしょ濡れで笑顔を浮かべているカットなど、印象的なカットの多い誌面となった。担当編集者は「当日はすごく波が高かったんですが、斉藤さんは臆することなく海に突入していました。肌の上で水がキラキラと輝いて、最高のカットになりました!」と撮影の様子を明かしている。

 また、同号の巻末グラビアには、アイドルグループ『LiT』のセンター田中えれな(18)が初登場。超新人アイドルが大抜てきされ、恥じらいながらも人生初の水着姿を披露している。

 同号の巻頭カラー漫画は、新連載『バトンの星』(矢島光)。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。