[磯]<福村>2日、波風ともに穏やか。中津回りの上総で型は未確認だがチヌ5匹とアイゴ3匹。

 <中林>2日、北の弱い風で波は穏やか。25~30センチのアイゴの食いが好調。エンバエ西で23匹と20~25センチのマダイ、15~20センチのアジを各20匹。37センチのチヌ1匹。東の胴で7匹と20~25センチのマダイ5匹、15~25センチのアジ15匹、35センチのチヌ1匹。高崎で5匹と23~28センチのグレ25匹、15~17センチのアジ15匹、30センチのチヌ1匹。別の人が3匹と23~28センチのグレ18匹、15~17センチのアジ10匹。

 <由岐>2日、波風ともに穏やか。水温23・8度。山ノハナで23~29センチのアイゴ13匹と24~29センチのシマアジ5匹、38センチのチヌ1匹。小ネムリで25~27センチのアイゴ13匹。ムギバエで28~37センチのグレ7匹と25~28センチのアイゴ11匹、24~29センチのシマアジ5匹。フスマで30センチ前後のグレ4匹と25~28センチのマダイ7匹。

 <イカダ>2日、波風ともに穏やか。小鳴門海峡のカセで2人がコーンと市販のネリ餌を使い、21~39センチのチヌ7匹と25センチのキビレ1匹。

 [波止]<亀浦漁港>2日、波風ともに穏やか。15~18センチのイワシが台風後も多く回遊している。サビキ仕掛けを使い、2時間足らずで20リットルのクーラーにほぼ満杯。別の人もよく似た釣果。3~4連で掛かってくることもよくあるようだ。

 <岡崎港>1日、日暮れごろから電気ウキ仕掛けで指幅2~3本のタチウオ22匹。撫養川の水が流れだすと食いが悪くなる。亀浦港周辺でもよく釣れているようだ。

 <東沖洲>2日、波風ともに穏やか。8時半から6時間、沖アミを餌にフカセ仕掛けで45センチを頭に25センチ前後のチヌを5匹。

 [船釣り]<小鳴門海峡>2日、自家用船で出掛けた人がサビキ仕掛けでイワシを餌に50、70センチのマダイ2匹と40~45センチのハマチ10匹、同型のカンパチ5匹。(県釣連盟報道部)