部活動に取り組む中学生。市町村教委や学校が負担軽減に向けた方針をまとめている=徳島市の富田中

 中学校の部活動の負担軽減を目指し、徳島県内の24市町村教委は、週2日以上の休養日を設けることなどを柱とした方針をそれぞれまとめた。いずれもスポーツ庁が3月に示したガイドラインに沿った内容となっている。運動部を受け持つ担当教員の負担の重さが叫ばれる中、部活動の在り方を見直す動きが本格化してきた。

 県内では4月に県教委、5月に徳島、鳴門、上板、北島、東みよしの5市町の教委が方針をまとめ、9月末までに24市町村の教委が策定した。このうち三好市教委は2015年3月に作った指針を適用している。

 具体的には、各教委とも▽週2日以上の休養日を設ける(平日に1日以上、土日曜は1日以上)▽週末に大会などで活動した場合は、休養日を別の日に振り替える▽1日の活動時間は長くとも平日2時間程度、休業日や週末は3時間程度とする―などといった内容。先行する三好市のケースでは、休養日は原則平日1日と第2日曜としている。

 スポーツ庁は3月に「運動部活動の在り方に関する総合的なガイドライン」を策定。都道府県教委や市区町村教委には「方針」を、各学校には「活動方針」を定めるよう求めた。これを受け、週2日以上の休養日を設ける動きは全国に広がっている。

 徳島県内の各校では7、8月の中学総体が終わる時期に合わせて活動方針を策定し、運用を始めている。

 徳島市の富田中は8月に方針を立て、9月から運用している。スポーツ庁のガイドラインを踏襲し、文化系も含む計17部を対象とした。週2日の休養日や「平日2時間、週末3時間」を目安に活動するとした上で、校区内に繁華街があるため、校内から離れることを義務付ける「完全下校時間」を季節ごとに設けた。

 松本賢治校長は「学校教育の中で部活動の役割は大きいが、生徒や教職員の負担軽減も重要。生徒や保護者、住民の理解を得ながら進めたい」と話す。

 一方、県教職員団体連合会の上原卓委員長は「負担軽減の動きは歓迎するが、実効性があるのか注視していかねばならない。学校だけの問題ではなく、各種大会を運営する競技団体も含め、子どものために最善の方策を考える必要がある」と訴えている。

 文化系でも運動に準拠

 運動部以外の吹奏楽部や美術部、書道部といった文化系の部活動については、「対象となる部がない」などの理由で対応しない佐那河内、神山、那賀、石井の4町村教委を除き、運動部に準拠して運用される。

 文化系の部活動の在り方を巡っては文化庁が現在、方針を取りまとめており、徳島県の市町村教委が対応を先取りした形だ。