鳴門対徳島商 3回、徳島商2死一、二塁、西村の左前打で7―3とする=鳴門オロナミンC球場

写真を拡大

 第71回徳島県高校野球秋季大会第5日は7日、鳴門オロナミンC球場で準々決勝2試合が行われ、第1シードの富岡西、徳島商が準決勝へ進んだ。
 

 富岡西は2年連続、徳島商は2012年以来、6年ぶりの4強入り。第1試合は、富岡西が7―0で城東に七回コールド勝ちした。
 
 第2試合は、徳島商が12―3で2季連続の甲子園出場を狙った鳴門に快勝した。
 
 第6日は8日、同球場で準々決勝の残り2試合がある。