関心のある記事を探す商工中金徳島支店の職員=徳島市の同支店

 商工中金徳島支店は10日、新聞を活用し企業人として必要な力を磨く社員研修を徳島市の同支店で開いた。

 営業職員10人が3グループに分かれてワークショップを実施。朝刊から各自が気になる記事を取り上げて選んだ記事やその理由、気付いたことなどを発表し、人によって記事への関心や受け止め方に多様性があることなどを確認した。

 また、徳島新聞メディアNIE・NIB推進室の手束泰二担当部長が、さまざまなジャンルの記事を読むことで、営業やコミュニケーションに必要な共感力や思考力が養われることを説明した。

 社員研修は今回を含め、来年3月までに計6回行う予定。営業第二課調査役の小寺啓太さん(30)は「新聞を読んでさまざまな立場で物事を考える習慣を付け、言葉に表れない顧客ニーズをくみ取れるようにしたい」と話した。