『京都国際映画祭2018』のオープニングセレモニーに登場した笑福亭仁鶴(C)京都国際映画祭

 京都市内を中心に開幕する『京都国際映画祭2018』(11日~14日)のオープニングセレモニーが11日、世界遺産に登録されている京都・西本願寺の重要文化財である南能舞台で開催された。吉本興業を代表し、落語家の笑福亭仁鶴(81)があいさつを行った。

【写真】袴姿でレッドカーペットを歩く笑福亭仁鶴

 仁鶴は昨年6月に最愛の妻だった岡本隆子さんを亡くした。その前後から体調を崩し、読売テレビ『大阪ほんわかテレビ』やNHK『生活笑百科』などのレギュラー番組を休んでいる。今年9月には大阪・天満天神繁昌亭で行われた『六代目笑福亭松鶴生誕百年祭』の第一夜に出演し、1年2ヶ月ぶりの舞台に立っていた。

 第1回の同映画祭でもあいさつを行っていた仁鶴は「今年で5回目を数えることになりました京都国際映画祭は、ここ西本願寺南能舞台にて幕を開けます。こちらは重要文化財です。(来賓の)みなさま方が、お座りになっている対面所の鴻の間は国宝に指定されています」と前振りをすると「気ぃ、つけてください」とボケて笑わせた。

 「国宝にお座りになって、重要文化財で行われているオープニングセレモニーを見るのは、めったにございませんが、乙なものですねぇ」としみじみ。京都は日本映画発祥の地と強調し「どうぞ4日間、存分にお楽しみください」と呼びかけていた。

 少しやせたようにも見えるが、声ははっきり。徐々に快方に向かっているようだ。

 同映画祭は、1997年から開催されてきた京都映画祭の伝統と志を引き継ぎ、2014年に誕生し、今年で5回目。「映画もアートもその他もぜんぶ」をテーマに、映画以外にもアート、パフォーマンス、工芸などさまざまな分野を対象に展開する。今年のキャッチコピーは「京都上映中。」。映画部門では、京都を代表する巨匠、中島貞夫監督の20年ぶりの長編最新作『多十郎殉愛記』がワールドプレミア上映される。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。