「世界中への拡散をお願いします」と話した草なぎ剛 (C)ORICON NewS inc.

 俳優の草なぎ剛の主演アニメーション映画『ムタフカズ(MUTAFUKAZ)』が12日、封切を迎え、都内で初日舞台あいさつが行われた。草なぎらが「チェケラッチョ!」「サンキュー、ベリーマッスル!」と、ハイテンションで喜びを爆発させるなか、日本公開に合わせて、アメリカ、イギリスでも“3ヶ国”同時公開されることが発表された。

【写真】白い歯を見せて…世界中への拡散をアピールした草なぎ&満島真之介ら

 映画は、犯罪者と貧乏人が吹き溜まる“人間のクズ”ばかりが住む街「ダーク・ミート・シティ」が舞台。そこに暮らす“訳あり”な少年たち3人が、残念な人生を一変させる出来事に巻き込まれていく物語。アンジェリーノ役を草なぎ、ヴィンス役を柄本時生、ウィリー役を満島真之介が務める。

 草なぎが「3か国同時公開」を発表するくす玉を割ると、会場からは大歓声。登壇者と喜びを分かち合った草なぎは「ありがとうございます! 皆さんのおかげでございます。先日にフランス・パリに行ったばかり。つながってますね~」と白い歯をのぞかせると「これはすごい! 世界中に拡散、よろしくお願いします!」と呼びかけた。

 同時公開は、作品を手掛けた『STUDIO4℃』の高い海外評価を受け実現。アメリカでは、草なぎらが収録した日本語音声に英語字幕が付く形で上映されるという。

 舞台あいさつにはそのほか、上坂すみれ、成河、藤井隼、桜庭和志、中村大介、所英男、西見祥示郎監督、吉田尚記が出席した。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。