丸々と育ち黒紫に輝く夏秋ナス=阿波市阿波町森沢

 夏秋ナスの収穫が県内主産地の阿波市阿波町で最盛期を迎え、農家の人たちが朝早くから作業に追われている。

 JA阿波町夏秋茄子部会長の川人孝史さん(64)=同町森沢=は約10アールの畑で栽培している。つやつやとした黒紫の実をはさみで摘み取り、5キロずつ箱詰めしている。川人さんは「今年は台風の影響がなく豊作」と話した。作業は11月上旬まで続く。

 JA阿波町によると、町内で約220戸の農家が夏秋ナスを栽培しており、出荷先の県内や京阪神などの市場では1箱千円前後で取引される。