安倍晋三首相は16日、2019年10月の消費税率10%への引き上げに関し「先に3%引き上げた際の経験を生かしていきたい」と述べ、対策に万全を期す考えを示した。官邸で記者団の質問に答えた。

 安倍首相は15日の臨時閣議で消費税率を予定通り10%へ引き上げる方針を表明。経済に悪影響が出ないよう「あらゆる施策を総動員する」として、景気対策の具体化を指示した。

 吉川貴盛農相は16日の閣議後の記者会見で「軽減税率などについて、農業や食品業界の関係者へ周知に取り組む」と表明した。

 根本匠厚生労働相は「社会保障の充実や機能拡充に増収分の一部を充てる」とした。