無免許死亡事故を巡り虚偽の供述をさせたとして逮捕された弁護士江口大和容疑者(32)が、事故を起こした車の所有者からの依頼で虚偽の話を作ったとみられることが16日、横浜地検への取材で分かった。