アニメファンの楽しみ方が変わるなか「需要がある方向に舵を切っていく」と語る湯浅政明監督(写真:逢坂聡)

『アヌシー国際アニメーション映画祭』で最高賞を受賞した『夜明け告げるルーのうた』や、Netflixで世界同時配信された『DEVILMAN Crybaby』などで世界中から高い評価を受けている鬼才・湯浅政明監督。『第31回東京国際映画祭』(10月25日開幕)では「アニメーション監督 湯浅政明の世界」と題した特集上映が行われるなど、日本でもアニメシーンをけん引する第一人者としての存在感を示す湯浅監督に、創作の哲学や日本アニメシーンの現状への想いを聞いた。

■もっと多くの方に作品を観てもらいたい

――『第31回東京国際映画祭』では、特集上映が組まれますね。
【湯浅政明】昨年は原恵一さんでしたし、過去には偉大な監督たちの特集上映が組まれているので、僕でいいのかと思いました。誰か断ったのかな(笑)。ただ、もっと多くの方に作品を観てもらいたいと思っていたので、いい機会になります。大変ありがたいですね。

――昨年は『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』が劇場公開され、今年はNetflixで『DEVILMAN crybaby』が配信されました。湯浅作品が世界で注目を集めるなかでの今回の特集となったわけですが。
【湯浅政明】確かにここ数年は露出が多かったですからね。でも、次は大きなヒットも欲しいと思っていて。来年公開予定の新作(※『第31回東京国際映画祭』にて発表)がそうなるようにがんばっているところです。

――今回の特集では、湯浅監督の映画作品、配信作品、短編集が上映されます。どういった経緯でセレクトされたのでしょうか?
【湯浅政明】もともと映画は三本しかないですね。デビュー作の『マインド・ゲーム』を作ったときは、やりたいようにやりました。自分ではおもしろいと思っていたんですが賛否があって、いろいろな観方があることを痛感しました。それまではアニメーターが本職だったので、どういうふうに作品が観られるのか分からなかった部分がありました。それからしばらく意識的にテレビの仕事をしながらいろいろ試して勉強しました。それを踏まえての『夜は短し歩けよ乙女』『夜明け告げるルーのうた』という劇場2作品なので、合わせてもっと観て欲しいと思いました。

――『ちびまる子ちゃん』や『クレヨンしんちゃん』を含む「自選短編集」はスクリーン上映される貴重な機会ですね。
【湯浅政明】「自選短編集」は、テレビ作品のほか、長編作品のちょっとしたパートに参加したものや、DVD化されていないなかなか観られない作品の一部などです。最近の作品から観ていただいた方への、こういう作品を作ってきたんですよ、という自己紹介になると思います。『クレヨンしんちゃん』の「ぶりぶりざえもん」とか、DVD化されていない『さくらももこワールド ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌』で担当した音楽パートも上映できることになり、いい感じにセレクトできたと思います。

■制作作品数が増えている現状は監督にとってはチャンス

――『DEVILMAN crybaby』は、配信ならではのエッジがきいた作品です。
【湯浅政明】『デビルマン』という原作自体が、テレビではできない内容。配信ならこれが作れるというのがありました。配信は、世界中の人が同時に観るというのが新しい。シリーズだけど一晩で一気に観る人もいたりして、観られ方も変わってきていますね。

――テレビ、映画、配信とそれぞれユーザー属性が違うと思いますが、どのメディアがご自身の作家性を出しやすいというのはありますか?
【湯浅政明】メディアというよりも、その作品に合わせて作るイメージです。「激辛料理を作ってもオッケー」と言われれば激辛にしますし、「ここは辛いのが苦手な人が多い」というのならば、あっさりしたものにしてみたいと思います。最初から激辛だけを作りたいわけでもないし、あっさりしたものが好きというわけでもないですけど、ときには激辛、ときにはあっさりしたものも作ってみたい、という感じです。そういうふうに対応して作っていくのがおもしろいので、どこがやりやすいとかはないですね。

――近年、アニメ制作本数は増えていて、シーンは盛り上がっているように見えますが、一方でDVDやブルーレイの売り上げが減少しています。そういったアニメシーンの現状をどう見ていますか?
【湯浅政明】10年前は作品数も減っていく一方という感じがありました。アニメは3Dしか観たくないのか、でもここにきて2Dの需要が上がったりとか、状況は常に変わっています。今は本当にたくさん作られてはいますが、そのどれもがうまくいっているわけではない。すべてに対して需要があるわけではないので、きっとまた減っていくんだろうとは感じています。ただ、これだけたくさん作られている現状は、いろいろな人が監督をやったり、作品を作ることができるチャンスでもあると思っています。

――ネット動画をはじめとしたアウトプットも増えています。
【湯浅政明】逆に、プロが作る意味を問われてもいます。今はパソコンで、ひとりで長編映画を作ることができる時代。ネットに多くのアニメがあふれるなか、製作費をかけて劇場作品を作るなら、それとは違うものを作らなくてはいけないと思ってやっています。

――アニメファンの楽しみ方が変わってきている側面を感じることはありますか?
【湯浅政明】そうですね。もうソフトにお金をかけないと言われて久しいですが、今は音楽業界でもCDよりコンサートや物販、映画もイベント化している傾向があります。作品への接し方が変わっていますよね。何回も劇場に観に行って、その作品のグッズを買って応援して、気に入った作品をヒットさせようという熱量の高いファンが増えているのも感じます。

――ご自身のスタジオ、サイエンスSARUの経営者としての顔もある湯浅監督ですが、この先、そういった現状にどう向き合っていこうと考えられていますか?
【湯浅政明】需要がある方向にどんどん舵を切っていくと思います。いろいろな楽しみ方があるなか、世の中に求められる形は1つではありません。毎日30秒の動画が観たいという人もいるでしょうし、映像クオリティよりもストーリー性を求める人もいると思います。かつてのように劇場公開の大作を誰もが待っている時代ではありません。自分の見方、感じ方も変わっていきますし、需要に合わせてやっていけるうちはどんどん変わっていこうと思っています。

■仕事をセレクトする海外アニメーター 日本でも選択肢が増えるといい

【画像】湯浅監督が手がけた『さくらももこワールド ちびまる子ちゃん わたしの好きな歌』

――世界的評価も高い湯浅監督ですが、海外ファンの熱狂ぶりは日本と違いますか?
【湯浅政明】そこは変わりはないと思います。ただ、海外の方がよりコアなファンに多く出会うような気はします。リアクションが大きいですし、発言する人も多いですから、分かりやすさはありますけど、本質は変わらないのではないでしょうか。昔はコメディでも笑いのツボが違うと思っていましたけど、今は近くなっているように感じます。YouTubeなどで同じものを観ていることで、感覚が近づいているのかもしれません。だから、日本で人気が出れば海外でもヒットするし、日本で人気がなければ海外でも当たらない。日本でおもしろいものを作れば、海外でもちゃんと観てもらえるという感覚はあります。

――おもしろいものさえ作れば、海外もついてくると。
【湯浅政明】そうですね。そのためには、例えば男の子はおもしろがるけど、女の子は嫌がるようなシーンがあったら、逆に女の子が喜んで、男の子が嫌がるようなシーンも作るというバランスをとります。いろいろな部分が平等に扱われていれば、日本でも観やすいし、それは海外でも同じです。

――Netflixは、日本と海外の合作を積極的に制作していますが、海外クリエイターとの共同制作へのご興味は?
【湯浅政明】日本のアニメーション産業はブラック企業が多いと言われたりしていますが、海外から来るアニメーターの多くは、自分の国や、世界のあちこちのスタジオとも仕事をしていて、いろいろセレクトしているなかで、日本の作品にも参加してきます。日本のアニメーターもそうなっていけばいいと思っているんです。需要があるところで働いて、チョイスできるのがいい。海外が良ければ海外でやるし、日本の方がやりやすければ日本でもやる。そんな選択肢が増えればいいと思います。

――海外でも人気の高い湯浅作品ですが、作品作りで心がけていることはありますか?
【湯浅政明】映像的特徴が分かりやすいものの反応が大きいですが、アニメとして制作したときに「おもしろいかどうか?」を一番に考えて制作しています。

――洪水のようにいろいろなイメージが湧き上がるのが湯浅作品の映像的特徴でしょうか。どのようにあのイメージが湧いてくるのでしょうか?
【湯浅政明】小説を読んでいても、そういうふうに読んでいます。それをそのまま映像化する感じですね。感じて浮かんだもの、おもしろいと思ったことをそのままやりたい。でもそれをやっていくうちに、もう少し淡泊な方が観やすいのかなと思って減らしてみたりとか、皆さんがどう受け取るのかということを天秤にかけながら、少しずつさじ加減を変えて作っています。『マインド・ゲーム』のときは、自分がおもしろければいいと思って好きに作っていましたけど、今はもっと観る人と共感を分かち合いたいという意識を持っています。もうちょっと歩み寄って、最大公約数の誰もがおもしろがれるところで、自分ができることを探りたいです。

――日本のアニメ界が発展していくために、課題はありますか?
【湯浅政明】どうなんでしょう。なるようになっていくしかないと思います(笑)。僕は、自分が子どもの頃に観ていたアニメが、すごく多様性があっておもしろい作品が多かったと感じています。そういう多様性を持ち続けることが大切なのではないでしょうか。
(文:壬生智裕)


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。