兵庫県姫路市の山陽新幹線姫路駅で19日に起きた人身事故で、JR西日本は20日、15本が運休し、東京発広島行きのぞみ129号の4時間15分を最大に上下計117本で遅れが出たと発表した。JR西日本の管内で約4万8500人に影響した。

 姫路駅では19日午後5時半ごろ、通過中の博多発東京行きのぞみ180号に男性がはねられ死亡。東海道・山陽新幹線は東京―博多間の全線で上下線とも一時運転を見合わせた。