日中韓3カ国の政府間会議に臨む磯崎仁彦・経産副大臣=20日、中国天津市(共同)

 【天津共同】日本、中国、韓国は20日、映画や音楽、ゲームといったコンテンツ産業の分野で協力を進めるための政府間会議を中国天津市で開いた。海賊版などによる知的財産権侵害を防ぐため正規版の取引を促進することで一致した。

 正規コンテンツを3カ国間で流通させるため、取引の登録システム設立を検討することで合意した。3カ国のコンテンツ企業の協力強化を後押しすることでも一致した。

 磯崎仁彦経済産業副大臣は会議後「コンテンツ取引の規模を広げるのは意味あることだ。知財保護が重要だというのも共通の考えだ」と話した。

 中国文化観光省の幹部も日韓との協力拡大に期待感を示した。