高校野球の第71回秋季四国地区大会は27、28日、11月3、4日の4日間、4県から各3校が出場し、香川県のレクザムスタジアムとレクザムボールパーク丸亀で開かれる。組み合わせ抽選会は23日。大会の成績は来春の選抜大会の出場校を決める選考資料となる。代表校の戦力を県別に紹介する。


 高知商(高知県1位)

高知商の中軸。(左から)元山、山崎大、山田京


 打撃好調 投手も安定
 

 スタメンに1年生が多く入り、チーム内競争が激化。攻守に活気が出ている。県予選では一度もリードされることなく頂点に立ち、3年ぶり42度目の出場を決めた。

 打順こそ固定できていないが、チーム打率は3割7分1厘と強力。野手陣には最多で5人の1年生が入る。二塁元山、遊撃上田はともに打率が4割超え。夏の甲子園でレギュラーだった三塁西村に調子が戻れば、打線がつながる。主将の山崎大が打率5割3分3厘と勝負強く、攻撃のキーマンになりそうだ。

 投手陣は制球力と変化球の良いエース右腕真城に加え、直球に伸びがある1年右腕赤沢も成長し、厚みが増した。チーム防御率は1・00と安定してきている。

 県予選では序盤からリードを奪った決勝戦以外は、終盤に加点する場面が目立った。前半から好機にもたつくことなく得点できれば、25年ぶりの選抜大会出場へ向け、視界は広がってくる。


 高知(高知県2位)

高知の中軸(左から)大坪 公文 平尾


 不安な投手陣、打力でカバー

 県予選準決勝で明徳義塾に10―8で打ち勝つなど、好調な上位打線の力で2位に入った。投手力を整備し、2年連続の選抜大会を目指す。

 上位打線の振りが鋭い。県予選で1、2番に入った西村が打率4割3分8厘と切り込み隊長役として活躍した。4番公文は4割2分9厘、5番大坪も5割と好調で、3番平尾も含めて3人で計14打点と中軸の役割を果たしている。下位に入る吉門や中越も打率は3割を超えており、打線がつながれば、大量得点が期待できる。

 チーム防御率が4点台の投手陣には不安を抱える。背番号1の左腕森は、旧チームから公式戦で投げているが、準決勝や決勝では球が走らず、打ち込まれ、エースの役目を果たせなかった。直球の球威を取り戻したい。技巧派左腕の北山、右横手の沢野らも登板機会がありそうだ。

 守りは4試合で計4失策。精度を上げて、投手陣をもり立てたい。


 明徳義塾(高知県3位)

明徳の中軸(左から)古沢 安田 小泉


 投打で新布陣、3連覇目指す


 県予選は野手陣に故障者が相次ぐなど、先発オーダーを固められず苦心の戦いとなった。投打とも新たな布陣を整備し直しており、県3位から四国大会3連覇を目指す。

 野手陣は中堅古沢、捕手安田以外は先発メンバーを固定できなかった。1番古沢は県予選の打率が4割7分1厘。2本塁打、3三塁打を放ち、長打力も兼ね備える。主軸に入る安田、小泉もチャンスに強い。県予選初戦で4打数3安打と活躍した遊撃今釘が、2戦目以降は脚の故障で外れている。復帰できれば打線はつながる。

 投手陣も軸を固定できなかったが、3位決定戦で左腕服部が好投した。130キロ台中盤の直球を軸にテンポのいい投球ができる。準決勝で制球を乱した右腕山田、左腕林田も復調すれば、簡単に失点する投手ではない。

 守備陣は準決勝以外は無失策。鍛えた堅守で、攻撃につながるリズムができれば、明徳らしい手堅い野球が取り戻せる。