あいみょんが水曜ドラマ『獣になれない私たち』の撮影現場を訪問 (C)日本テレビ

 シンガー・ソングライターのあいみょんが、放送中の新垣結衣と松田龍平がW主演する日本テレビ系連続ドラマ『獣になれない私たち』(毎週水曜 後10:00)の撮影スタジオを訪問した。主題歌「今夜このまま」を担当するあいみょんは、新垣や松田らキャスト・スタッフに紹介されると「はじめまして、お忙しいのにお邪魔しちゃいました。いつも楽しく拝見しているので、スタジオに来れてとてもうれしいです」と恐縮気味にあいさつ。

【写真】心理テストで盛り上がるキャスト4人

 主人公たちが足繁く通うクラフトビールバー『5tap』のセットであいみょんを出迎えたのは、主人公の晶と恒星を演じる新垣と松田、そして、晶の恋人・京谷を演じる田中圭、ブランドデザイナーの呉羽を演じる菊地凛子、バーのマスター・タクラマカン斎藤を演じる松尾貴史らメインキャストたち。

 集合写真を撮影後、スタジオを見学したあいみょんは「いつもリアルタイムで放送を観ているんですが、手元に置いた缶ビールを(ドラマのように)『タップ1』『タップ2』と呼んで飲みながら、ドラマを楽しんでいます。私にも5tapみたいな行きつけの店があったらいいなと思います」と憧れていた。

 24日放送の第3話ではワンマン社長・九十九(山内圭哉)へ、決死の業務改善要求をした結果、「特別チーフクリエイター」に昇進させられてしまった晶。疲れきった晶の部屋に彼氏の京谷がスーツケースを持ってやってきた。部屋に住まわせている元彼女・朱里(黒木華)に「仕事を探して早く引っ越せ」と要求したら暴れられたので、晶の部屋に泊まりにきたのだという。疲れをみせる京谷の前では、晶は何も言えなかった。

 一方、恒星の周りは、急に慌ただしくなっていた。300万の札束をもった男が事務所に現れ、粉飾決算へ加担するように迫られるも、今までのクライアントのようにはっきりと追い返せない。そして、久しぶりに訪ねてきた叔父から告げられたのは、数年前から行方不明になっていた兄が、東京にいるらしいという情報だった…。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。