榊武夫氏(さかき・たけお=元徳島県議、民主党県連顧問)30日午前1時35分、肝臓がんのため鳴門市内の病院で死去、83歳。自宅は鳴門市撫養町木津396。葬儀・告別式は2日午前11時半から、鳴門市撫養町大桑島蛭子山118、鳴門ベルベ玉鳳院で。喪主は長男憲之(のりゆき)氏。

 87年4月の県議選鳴門選挙区で初当選し、07年4月まで連続5期務めた。経済委員長や同和・人権・環境対策特別委員長などを歴任した。