石井町の高川原小学校で6年生学級の担任を務める20代男性教諭が、10月に行われた関西方面への修学旅行を引率した際にデリバリーヘルス(無店舗型性風俗店)を利用していたことが10日、分かった。店側とトラブルも起こしていた。

 関係者によると、男性教諭は10月27、28両日に1泊2日の日程で行われた修学旅行を引率し、関西方面の宿泊先に滞在していた。その際、デリバリーヘルスの女性従業員を呼び寄せた。「急に用事ができたので帰りたい」などと周囲に話し、引率を外れた。店側とトラブルを起こしたためとみられる。

 同校などは10日夜、緊急の全校保護者会を開き、経緯を説明することにしている。県教委は同日午後に開かれる定例会で処分を決める。石井町教委は11日、臨時会議や校長会を開く予定。

 町教委は10日午前の徳島新聞の取材に「現段階では何も答えられない」とした。