チャリティー撮影会を主催した“日本一”のコスプレイヤー・えなこ(C)oricon ME inc.

 人気コスプレイヤーのえなこが4日、西日本豪雨災害および北海道胆振東部地震への支援のためのチャリティー撮影会を都内で開催。えなこのほか、数十万人以上のTwitterフォロワーを有する、伊織もえ、宮本彩希、火将ロシエル、篠崎こころ、くろねこら有名コスプレイヤーも参加した。

【写真】トータルフォロワー135万人超え!人気レイヤーたちが“大胆”衣装で魅了

 3部構成で開催された撮影会で、えなこは『幻想神域 -Cross to Fate-』のアルテミス、『モンスターストライク』のパンドラ、『NieR:Automata』の2B(ヨルハ二号B型)を披露。約300人の参加者たちで大いに盛り上がった。

 主催でもあるえなこは撮影会終了後に、「いちコスプレイヤーとして『出来ること』は小さなことですが、皆さんの協力で、より大きな『出来ること』にしたい」とチャリティーに込めた思いを語ってくれた。

 撮影会の売上金は、西日本豪雨災害および北海道胆振東部地震への義援金として日本赤十字社を通じて全額寄付されるという。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。