『チーム・ブライアン 新たな旅』(講談社/(著)ブライアン・オーサー、(監修)樋口豊、(訳・構成)野口美惠)

 羽生結弦選手をはじめ、世界中のフィギュアスケートトップ選手のコーチを務めるブライアン・オーサー氏による著書、『チーム・ブライアン』シリーズの第3弾となる新刊『チーム・ブライアン 新たな旅』(講談社/11月1日発売)が、週間1.2万部を売り上げ最新11/12付オリコン週間BOOKランキング9位に初登場。昨年2月に発売された前作『チーム・ブライアン 300点伝説』での最高13位を更新し、シリーズ初のBOOKランキングTOP10入りを記録した。またジャンル別「スポーツ関連」ではシリーズ3作連続の1位となった。

【ブライアン氏がコーチング】15年のGPファイナルで大粒の涙を流す羽生結弦

 前作『チーム・ブライアン 300点伝説』を大幅に改訂した本作。今年2月の平昌オリンピックで羽生選手が男子シングル2連覇を達成するまでの知られざる苦闘のほか、エフゲニア・メドベージェワ、ジェイソン・ブラウン選手がチームに加わった経緯、羽生選手たち“チーム・ブライアン”の新シーズンとその後の夢についても語っている。


徳島新聞Webの「エンタメ(オリコン)」は、記事提供会社からの情報を加工せずに掲載しています。このサイトに掲載している記事の品質・内容については、徳島新聞社は保証せず、一切の責任を負いません。また掲載されている文言、写真、図表などの著作権はそれぞれの発表者に帰属します。徳島新聞Web上のデータの著作権は徳島新聞社に属し、私的に利用する以外の利用は認められません。記事についてのお問い合わせは提供会社までご連絡ください。