現金約1億円が奪われる強盗被害があった住宅=2010年9月、京都市左京区

 2010年に京都市左京区の不動産会社社長宅で現金1億円が奪われた事件で、強盗致傷などの疑いで逮捕された元国会議員秘書の上倉崇敬容疑者(44)=住所不定=ら2人が、事件から6年後に被害者に面会を迫る手紙を送っていたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、同容疑者らは16年12月~17年1月、既に転居していた妻の居場所を突き止め「以前に住んでおられたご自宅に、男性がお邪魔したと思う。お会いできないとなると、今後どのような行動をとるか、いささか不安なところではございます」などと、面会を求める内容の手紙や簡易書留を数通郵送するなどした。