日東電工ATPファイナルに向け調整する錦織圭=ロンドン(共同)

 【ロンドン共同】男子テニスのツアー最終戦で年間成績上位8人、8組による日東電工ATPファイナルは11日、ロンドンで開幕する。シングルスの1次リーグB組で戦う世界ランキング9位の錦織圭は9日、ロンドンの試合会場で記者会見し、2年ぶり4度目となる大会に「ここに来るのは簡単ではない。うれしい」と明るい表情で話した。

 11日の初戦はロジャー・フェデラー(スイス)と対戦。「1試合目でやるのはタフだが、思い切ってやりたい。自信を持ってプレーをしたい」と決意を語った。

 会見前には試合会場で調整。マイケル・チャン・コーチらが見守る中、ショットやサーブを入念に確認した。