卓球の全日本選手権第6日は21日、東京体育館で行われ、男子ダブルスで藤村友也(愛知・愛工大、和田島小-岐阜・長森中-愛工大名電高出)と吉村和弘(愛工大)のペアが準優勝した。

 藤村、吉村組は準決勝で木造勇人、松山祐季組(愛知・愛工大名電高)を3-0で下した。決勝では初優勝した丹羽孝希、酒井明日翔組(東京・明大)に2-3で競り負けた。

 女子シングルス準々決勝ではリオデジャネイロ五輪団体銅メダルで4連覇を目指す石川佳純(全農)、前回大会で準優勝の平野美宇(エリートアカデミー)が順当に勝ち、4強入りした。準決勝で石川は佐藤瞳(ミキハウス)、平野は橋本帆乃香(大阪・四天王寺高)と対戦する。

 男子シングルスは史上最多9度目の優勝を狙う水谷隼(ビーコン・ラボ)、11年ぶりの優勝を目指す吉田海偉(グローバル・アスリート・プロジェクト)らがベスト4に入った。

 女子ダブルスは平田有貴、永尾尭子組(アスモ)が初の頂点に立った。