ボウリングの第45回全日本クラブ対抗選手権は20日から3日間、67チームが参加して福島県郡山市のボウルアピア郡山で行われ、徳島のスエヒロクラブが予選トップのボウルアピア郡山クラブ(福島)、前回優勝のナゴヤクラブ(愛知)などを抑えて初優勝した。大会は5人チーム戦。20、21日に予選があり、22日の決勝は上位24チームが13ゲームの合計で競った。

 ▽決勝(13ゲーム)<1>スエヒロク(木村真理、堀田紘佑、曽我部文彦、神下克己、木村修)2802点<2>ボウルアピア郡山ク(福島)2764点<3>パークレーンク(群馬)2718点▽個人ハイシリーズ 神下克己(スエヒロク)764点