【ジュネーブ共同】世界知的所有権機関(WIPO)が3日公表した2017年の世界の知的所有(財産)権報告で、特許出願の受け付け国・地域当局別件数は中国が138万件で全体の4割強を占め、7年連続の首位となった。商標権、意匠権の出願でも中国はともに1位だった。

 トランプ米政権は中国が知財権を侵害していると批判、米中貿易摩擦の要因の一つとなっている。報告は中国が自国の知財権を経済成長に不可欠と位置付け、積極的に保護を図っている実態を示した。

 世界全体の特許出願件数は317万件で最高を更新。国・地域別の2位は米国で61万件、日本が32万件で続いた。