貴ノ岩関は記者会見で、暴行について「自分の気持ちの弱さ。反省の気持ちしかない。付け人とは話して謝罪した」と説明した。