第37回ニュース写真賞を受賞した暮石さんの「三嶺にシカの大群」

 徳島新聞社は、昨年1年間に読者から寄せられたニュース写真のうち、最優秀者に贈る第37回ニュース写真賞に「三嶺にシカの大群」を撮影したNPO法人・三嶺の自然を守る会の暮石洋理事長(68)=徳島市末広4=を選んだ。

 暮石さんは昨年7月13日午前10時半ごろ、シカの食害調査をしていた際、三好市と高知県にまたがる三嶺(1893メートル)の北西斜面で約80匹のニホンジカの群れを見つけた。

急いでカメラを構えて80枚ほどの写真を撮影。500メートルほど離れた尾根から撮ったため、シカが暮石さんに気付くことはなく、草を食べたり走り回ったりしていた。画像データを徳島新聞に提供し、同月18日の朝刊社会面に掲載された。

暮石さんは「長年三嶺の環境保全に取り組んでいるが、あれだけ多くのシカを確認したのは初めて。受賞は予期していなかったがうれしい」と話した。暮石さんには賞状と記念品が贈られる。