サッカーJ2・徳島ヴォルティスは9日、長野県松本市で2日に行われた松本山雅FCとの試合中、観客席前の柵をまたいで応援するマナー違反を繰り返した複数の徳島サポーターを特定したと発表した。人数は明らかにしていない。今後、当事者に聞き取りをして処分を決める。
 
 クラブは当初、10日のV・ファーレン長崎戦までに処分するとしていたが、「詳細な事実確認を行っている。できるだけ速やかに処分内容を発表する」としている。
 
 この問題を巡っては、複数の徳島サポーターが高さ約2メートルの柵にまたがったり乗り越えたりしようとし、松本山雅の警備担当者から数回注意を受けた。