J2の徳島ヴォルティスが、ファジアーノ岡山を迎える9月16日のホーム戦での1万人集客キャンペーンを展開中だ。「スタジアムでウィ・アー・ヴォルティスと叫ぼう」が合言葉。チームを後押しするためにもサポーターの声援は欠かせない。キャンペーンに合わせ、サポーターの応援メッセージを紹介する。

◆公式チア「ブルー・スピリット」春名真美子さん(26)

 今年のヴォルティスは本当に魅力的。何より選手の姿勢が積極的で、最後まで走り、攻め、点を取りにいっている。たとえ、はね返されてもゴールに向かう姿がとても感動的だ。

 「ブルー・スピリット」は鳴門ポカリスエットスタジアムのホームゲームでハーフタイムショーなどに出演し、雰囲気を盛り上げている。結果が出なかったときは、試合後に観客から厳しい言葉をかけられたこともある。

 でも今年は敗れても「次、頑張ろう」と前向きに励ましてくれる人が多い。上位につけていて、サッカーの内容も見応えがあるからだろう。

 ホームで勝つのはやはり大事だ。5得点した山口戦は観客の表情がみんな輝いていた。岡山戦でも力強いプレーで、得点シーンをたくさん見せてほしい。

 応援を通じてスタジアムが一つになる瞬間が醍醐味。声援は必ず選手の力になると思って頑張っている。岡山戦では組体操を取り入れた新しいパフォーマンスも予定している。選手同様、私たちも成長し、バージョンアップしていきたい。