中野小次郎

 20日からカタールに遠征するサッカーのU-18(18歳以下)日本代表に、徳島ヴォルティスユース出身で法政大1年のGK中野小次郎(18)=徳島中―徳島市立高出=が選ばれた。

 199センチと長身で、長い手足を生かした守備範囲の広さとシュートストップのセンスが持ち味。4~6日に堺市で行われた代表合宿に初めて招集され、高い評価を受けた。徳島ヴォルティスではジュニアユース、ユースでプレーし、2016年はJリーグ公式戦に出場できる2種登録選手にも登録された。

 10月1日までの遠征ではカタールのほか、クロアチア、オーストラリアとリーグ戦を戦う。中野は「初めての本格的な国際試合だが、リーダーシップを取ってチームに貢献し、経験を積みたい」と語った。