女子400メートル障害を1分1秒93の大会新で制した徳島市立の大地=鳴門ポカリスエットスタジアム

 陸上の第47回徳島県高校新人大会は18日、鳴門ポカリスエットスタジアムで39種目が行われ、女子400メートル障害で大地彩央里(徳島市立)が1分1秒93の大会新記録で制した。
 
 女子400メートルリレーと1600メートルリレーではいずれも城南が大会新で2冠に輝いた。各種目の4位までが四国新人大会(10月14、15日・香川県丸亀市Pikaraスタジアム)に出場する。
 
 男子の学校対抗は鳴門渦潮が2年連続3度目、女子は鳴門が10年連続24度目の頂点に立った。