[上]ヴォルタくんのお誕生日記念ステッカー [下]試合前、楽しいパフォーマンスで観客席を盛り上げているヴォルタくん(右)とティスちゃん=鳴門ポカリスエットスタジアム

 ヴォルティスの一員として欠かせない役割を果たしているのがクラブマスコットの「ヴォルタくん」と「ティスちゃん」だ。楽しいパフォーマンスで観客席を盛り上げたり、チームや徳島のPRに励んだり。Jリーグクラブのマスコットの中でも屈指の身体能力と愛らしいしぐさで、次第に存在感を高めている。

 2人のモチーフは民話などで徳島と縁が深いタヌキ。ヴォルタくんはヴォルティスと「ビクトリー(勝利)」の頭文字のVが額やシューズにデザインされている。

 特技は「バク転」(後方倒立回転)。2013年に国立競技場で行われたJ1昇格プレーオフ決勝戦で連続で成功させ、一躍脚光を浴びた。ほかにも逆立ちや自転車に乗ったパフォーマンスなど、マスコットらしからぬアクロバチックな動きで人気。流行のお笑いのネタを披露することもある。

 誕生日はクラブ創設記念日の9月10日。16日のホーム岡山戦では徳島県内のホームタウンだけでなく、中四国地方のクラブから届いたお祝いのメッセージビデオが披露された。

 女の子の「ティスちゃん」はヴォルタくんの一番の友達という設定。額やシャツにハートマークがあしらわれ、得意のダンスでヴォルタくんを手助けする。カメラを向けるとポーズをとったり、サポーターから贈られたポーチを身に着けたりとその「女子力」も話題になっている。

 最近は2人のユニークな動きやほほ笑ましい掛け合いが動画サイトに掲載され、オリジナルグッズも販売されるなどし、クラブのPRに貢献しているという。広報担当は「これからもサポーターを和ませ、スタジアムを盛り上げて」と期待を寄せている。

     ◇ 

 23日の町田戦ではヴォルタくんのお誕生日記念ステッカー=図=が配られる。ぜひ会場でヴォルタくんに声を掛けてみてほしい。