優勝し祝福される安室。左は3位の上山=宮崎県日向市

 2020年東京五輪で実施されるサーフィンの世界ジュニア選手権最終日は1日、宮崎県日向市で行われ、男子16歳以下の部決勝で安室(あづち)丈=海陽町=が16・60点をマークし、国際サーフィン協会が主催する大会のサーフィン個人種目を日本選手として初めて制した。上山キアヌ久里朱=海陽町=が15・43点で3位に入った。
 
 国際サーフィン協会が主催する大会のサーフィン個人種目を日本選手が制したのは史上初めて。

 安室は9月29日の準決勝で3位に終わったが、1日の敗者復活戦最終戦で1位となって決勝に進出。終盤に8・60点を出し、2本の合計得点で16・44点の米国選手を逆転した。
 
 女子18歳以下の部は川合美乃里=徳島市出身=が敗者復活戦最終戦で4位だった。徳島県勢が若い世代のトップレベルにいることが証明され、3年後の東京五輪での活躍に期待が膨らんだ。