大神雄子

 バスケットボール女子の元日本代表ガードでトヨタ自動車の大神雄子(34)が2日、今季のWリーグ(7日開幕)を最後に現役引退する意向を表明した。リーグ開幕に向けた記者会見後に「自分の中では今年でラストシーズン」と述べた。今後は指導者としての道を模索するという。
 
 両親が徳島県海部郡出身の大神は、愛知・桜花学園高時代に数々の全国優勝を経験。2001年にジャパンエナジー(現JX―ENEOS)入りし、抜群のスピードと技術を生かして主力として活躍した。日本代表では04年アテネ五輪などに出場。08年には米女子プロWNBAのマーキュリーでプレーし、同リーグで2人目の日本選手となった。
 
 13~14年シーズンには中国リーグも経験。15年からトヨタ自動車に所属している。「経験を伝えるのが恩返し。今季で区切りをつけてコーチングの勉強をしたい」と決断の経緯を明かした。将来の目標の一つに「五輪代表のヘッドコーチになれたら」と夢を描いた。
 
 開幕前の表明はリーグの盛り上がりにつなげたい思いもあったといい「今までファンの方に応援してもらったので一試合一試合しっかり恩返しできたら」と語った。
 
 Wリーグの徳島大会などでたびたび来県し、はつらつとしたプレーでファンを沸かせた。