知事から花束を贈られる徳島インディゴソックスの養父監督(右から2人目)=県庁

 野球の四国アイランドリーグplus(IL)徳島インディゴソックスの養父鐵(ようふてつ)監督らが3日、徳島県庁に飯泉嘉門知事を表敬訪問し、4度目の年間総合優勝を果たしたことを報告した。
 
 南啓介球団代表と小林義弘主将も同行し、養父監督は「選手の成長を実感した1年だった。独立リーグ日本一を決めるグランドチャンピオンシップ(GCS)でも優勝できるよう、県民に応援してほしい」と述べた。
 
 知事は「ぜひ徳島で日本一を決めてもらいたい」と激励し、養父監督に花束を贈った。
 
 GCSで徳島はルートインBCリーグの信濃グランセローズと対戦する。全5戦のうち14~16日の第3~5戦が徳島市のJAバンク徳島スタジアムで行われる。