信濃対徳島 4回裏、信濃に逆転を許し降板する徳島の先発・大蔵(左端)=長野オリンピックスタジアム

 野球独立リーグの日本一を懸けたグラウンドチャンピオンシップが7日、長野市の長野オリンピックスタジアムで開幕し、四国アイランドリーグplus王者の徳島インディゴソックスは、信濃グランセローズに逆転負けした。
 徳島は一回にジェフンの犠飛で1点を先制し、2-1と追い上げられた三回には瀬口の右越え本塁打で追加点を奪い、リードを広げた。しかし、四回に徳島の先発・大藏が信濃打線につかまり、4失点。リリーフ陣も踏ん張りきれず、六回までに10点を奪われた。徳島打線は、五回に小林のタイムリーが出た以降は、つながりを欠きホームが遠かった。
 第2戦は8日に、長野オリンピックスタジアムで行われる。