前田町長らに結果を報告する(左から)安室さんと上山さん=海陽町役場海南庁舎

 宮崎県日向市で開催されたサーフィンの世界ジュニア選手権で優勝した安室(あづち)丈さん(16)=海陽町宍喰浦=と、3位に入った上山キアヌ久里朱さん(16)=同=が11日、前田惠町長を表敬訪問し、結果を報告した。
 
 サーフィンは、2020年の東京五輪で正式競技として実施される。今回の活躍で注目を集める2人は「これからも技術力を上げて成長し、東京五輪に出場できるように頑張りたい」と抱負を語った。
 
 前田町長は「2人の素晴らしい成績のおかげで海陽町も有名になりつつある。今後も応援したい」と激励した。同席した町体育協会の西山幹男会長も「協会として2人を支援していく。東京五輪を目指して頑張ってほしい」と話した。
 
 2人は14、15日に三重県志摩市で開催される全国大会「伊勢志摩プロジュニア」に出場する。