野球独立リーグの日本一を懸けたグランドチャンピオンシップ(GCS)では投手陣の好投が続いた徳島が2勝1敗で独立リーグ日本一に王手をかけている。これまでの3試合を振り返った。
 
 長野市の長野オリンピックスタジアムで行われた第1戦は投手陣が14安打を許し10失点と精彩を欠いた。3―1の四回に右腕大蔵が5失点で降板し、救援陣も持ちこたえられなかった。2番瀬口が右翼席にソロ本塁打を運んだが、打線は8安打に抑え込まれた。
 
 第2戦は2―1で投手戦を制した。右腕伊藤翔は7回を1失点。その後はウー、相沢、ジェフンの継投で信濃を無走者に抑えた。1―1の五回に2番瀬口の中前への適時打で決勝点を奪った。
 
 JAバンク徳島スタジアムに舞台を移した第3戦は3―0で完封勝ちした。大蔵が9回を散発2安打に抑え、第1戦の雪辱を果たした。攻撃陣は9試合ぶりに先発復帰した7番久保が二回に先制の2点二塁打を放ち、勢いづけた。