独立リーグGCS第4戦で力投する伊藤翔=10月17日JAバンク徳島スタジアム

 四国4県知事による四国アイランドリーグplusの2017年シーズン表彰選手が24日発表され、徳島インディゴソックスの伊藤翔投手(18)が最優秀選手賞(四国4県MVP)に選ばれた。表彰式は31日に徳島市のホテルクレメント徳島で行われる。
 
 伊藤翔は新人ながら今季は16試合に登板して103回を投げ、8勝4敗と活躍した。防御率はリーグ3位の2・18で、同2位の97三振を奪うなど3年ぶり2度目の独立リーグ日本一に貢献した。
 
 各チームの優秀選手賞(チームMVP)は徳島が伊藤翔。高知は岡部峻太投手、香川はクリス内野手、愛媛は古川敬也外野手だった。最優秀選手賞はチームMVPの中から選ばれた。