巨人と仮契約を結び、表情を緩める折下(左)=徳島市のJRホテルクレメント徳島

 巨人から育成ドラフト7位で指名された新野高の折下光輝内野手(17)が12日、徳島市のJRホテルクレメント徳島で入団交渉に臨み、支度金200万円、年俸230万円(金額は推定)で仮契約した。22日に本契約を結び、23日に東京ドームで行われる「ジャイアンツ・ファンフェスタ」で背番号が発表される。

 交渉後に会見した折下は「これからが始まりで勝負どころでもある。気を引き締めて自分を追い込みたい。支配下登録に向け、ホームランの打てる打撃をアピールする」と抱負を述べた。来年1月の新人合同練習からチームに合流予定。

 交渉に当たった巨人の井上真二チーフスカウトと近畿・四国担当の益田明典スカウト部主任は、右方向への長打力を高く評価した。さらに「スイングに癖がないのもいい。長距離砲として三塁を守ってほしい」と期待を込めた。