[上]女子決勝リーグ・徳島市立対城南 優勝に貢献した徳島市立の寺本(右)と秦=鳴門アミノバリューホール [下]男子決勝リーグ・城南対徳島商 4年連続8度目の優勝を果たした城南の三谷(左)と新竹

 卓球の第45回全国高校選抜学校対抗大会徳島県予選は18日、鳴門アミノバリューホールで男子23校、女子11校が参加して行われ、男子は城南が4年連続8度目、女子は徳島市立が3年ぶり13度目の優勝を果たした。男女の上位2校が四国予選(来年2月4日・愛媛県西条市総合体育館)に出場する。男女とも四国予選の上位3校に全国大会出場権が与えられる。