前半、東京V陣内に攻め上がる徳島の島屋(左)=味の素スタジアム

 運動量豊富にピッチを駆け、同点ゴールの起点にもなった島屋。奮闘したが昇格プレーオフ進出がかなわず「応援してくれた人たちに申し訳ない」とうなだれた。
 
 JFLを経てJの舞台に立った遅咲きの28歳。大一番でも相手ゴール前で中央、左右両サイドとめまぐるしく動きチャンスメーク。守備でも相手を追い続けた。
 
 POに足りなかったのは勝ち点1。セットプレーからの失点や勝ちきれない試合展開といった課題を最後まで克服できなかった。「練習でも出ていた課題を厳しく追及できなかった甘さがあった」と唇をかんだ。