仮契約を終え、ほっとした表情を見せる伊藤翔(左)=徳島市のJRホテルクレメント徳島

 西武からドラフト3位で指名された徳島インディゴソックスの伊藤翔投手(18)=千葉県出身、横芝敬愛高出=が19日、徳島市のJRホテルクレメント徳島で入団交渉に臨み、契約金4500万円、年俸650万円(金額は推定)で仮契約した。入団発表は12月上旬に埼玉県所沢市で行われ、背番号も決まる。
 
 伊藤は交渉後の会見で「高く評価してもらってうれしい。1年目から活躍し、成長させてくれた球団スタッフやファンに恩返しがしたい」と表情を崩した。
 
 目標に西武の西口文也投手コーチを挙げ、「力を入れてきたストレートと決め球を磨く。NPB(日本野球機構)入りを最終目標にせず、日本のエースになれるよう頑張る」と力強く語った。
 
 球団編成部の鈴木敬洋育成アマチュア担当は「投げっぷりが良く、指先の感覚や投球センスもずば抜けている。大一番に強い精神力もある」と活躍に太鼓判を押した。
 
 徳島の養父鐵監督は「晴れ舞台に上がる姿が楽しみ。息の長い選手になって」と激励した。