守備で体を張るMF桒原(左)

 全国の壁は厚かった。徳島ヴォルティスユースは初のプレミアリーグ参入を目指し、時折、雪の舞う中、全国高校総体王者に挑んだが、力の差を感じざるを得なかった。

 前半に同点となるゴールを決めたFW八木は「激しいプレスに何もできなかった」と力不足を痛感。積極的にドリブルで仕掛けながらもゴールを奪えなかったFW藤原は「エースを任されているのに、勝利に貢献できず情けない」と悔しさをあらわにした。

 前半20分すぎまではうまくペースをつかんでいた。しかし、フィジカルで上回り、プレスが早くなった相手にリズムを失った。後半、マンマークにくる相手をはずそうと、選手交代やポジションの入れ替えなどで相手ペースを乱そうとしたが、経験豊富な相手を崩すことはできなかった。

 それでも、今季貫いてきた、パスをつないでボールを保持し、相手守備の隙を見つけて攻め込むトップチームにも通じるスタイルは全国屈指の強豪にも通用することを選手たちがピッチで見せた。前半の良いリズムをつかんだ時間帯は、流通経済大柏の寄せをうまくかわした。個々でもMF桒原やDF久米らが厳しいプレスをかわして、ドリブルで持ち上がり、技術でも負けていないことを感じさせた。相手ベンチやGKらから球際や寄せの甘さを指摘する声が何度も響き、王者をいらだたせる場面もつくったことが、取り組みが間違っていないことの何よりの証だ。
 
 球際の強さやプレスの早さなどで上回るタフな相手を乗り越えなければ、全国への道は開けない。ヴォルティスユースで全国で戦うことを望み、進路を選んだ藤原は「球際の強さや攻守の切り替え」を課題に挙げ、レベルアップを誓う。

 プレミアリーグには届かなかったが、参入戦に出場し、1勝を挙げクラブの歴史に1ページを刻んだ。試合後、羽地監督は「胸を張って帰ろう」と選手に声を掛けた。チームは1、2年生が主体でまだ伸び盛り。1年後、同じ舞台でクラブの歴史を塗り替えるため、さらに高みを目指す。